2018年08月

ゆらぎ肌の症状と改善の方法

2018年08月16日
今回のお話は、ゆらぎ肌の症状と改善の方法です。


ゆらぎ肌とその症状



ゆらぎ肌とは、普段通りのスキンケアをしていても、良い肌状態とは異なるお肌。
なぜか、違和感を覚えるお肌状態を指しています。

急なカサカサ感やピリピリ感、ハリのなさなど、一時的にお肌が敏感に傾いているがゆらぎ肌です。

季節の変わり目には、肌のカサつきやかゆみ、赤み、吹き出物などのトラブルを抱える女性が増えます。

特に、30代や40代になると多いのです。





例えば、次のような症状はありませんか?


・季節の変わり目に、なぜか肌状態が良くない
・生理の前後でテカリや肌荒れが気になる
・仕事でストレスや緊張が長く続き、お肌も透明感がなくなっている
・お肌のごわごわが気になってきた
・年齢を重ね、女性ホルモンが減ってハリがないようだ

こんなようならあなたはゆらぎ肌です。
今回は、ゆらぎ肌の原因と改善方法をご紹介します。

ゆらぎ肌の対策



ゆらぎがちな肌を改善するには負担をかけないスキンケアケアやエイジングケアが肝心です。

なぜなら、ゆらぎ肌では、バリア機能が弱っているから。
バリア機能の低下した肌は、角層が弱くなっていて、刺激を感じやすい状態。ちょっとした刺激でも肌は反応するのです。

食事や睡眠、心の在り方はもちろん、日々の気温、湿度などを考えて、優しくお肌と接しましょう。

例えば洗顔やクレンジング。

洗顔やクレンジングは、中指と薬指を使って優しくメイクをなじませれば、肌全体の負担が減ります。

また、アミノ酸系界面活性剤などの優しいタイプを使いましょう。

まずは、洗顔やクレンジングで優しさを追求することがゆらぎ肌対策なのです。

そのあとは、刺激の少ないヒアルロン酸やセラミド配合のエイジングケア化粧品で保湿しましょう。

ゆらぎ肌のスキンケアはは保湿が大切なのです。

食べ物でもゆらぎ肌対策



クダモノや野菜などに含まれる美肌成分“フィトケミカル”は高い抗酸化作用があります。
だから、ゆらぎ肌の改善に役立ちます。
キウイ、トマトやブロッコリーなどフィトケミカルを含む食べ物を意識的に摂って、ゆらぎ肌を改善しましょう。

生活習慣を見直すこともゆらぎ肌対策なのです。

美白化粧品で効果的なスキンケア

2018年08月07日
美白化粧品で効果的なスキンケアを行いましょう。

美白を目的としてお肌のケアを行う時に、数多く販売されている化粧品の中から正しい商品を選んでスキンケアすることが大切です。

美白によいという化粧品は色々なものがありますので、どの化粧品にすれば効果が高くなるかが判断できないという人もいるようです。自分の肌のコンディションを理解し、化粧品に含まれている美白成分の性質を知ることで、最適な商品を探し出すことができます。

メラニン色素がお肌に沈着しているために、しみやくすみができてしまっているという人は、メラニン色素を取り除くための美白化粧品を使うといいでしょう。
美白効果を期待して化粧品を用いる場合は、お肌のメラニン色素を除去できる美白成分が含まれているものがおすすめです。

肌の色がくすんでいたり、しみが濃くなって困っていたという人も、美白化粧品でケアすることで、透明度の高い白い肌になることが可能です。肌の奥まで成分が浸透しやすい化粧品の場合には、メラニンの働きを抑える効果がより高くなっているのが特徴です。

強い美白作用を有している化粧品を使うことによって、短い日数で美白効果を感じとることが可能です。
美白化粧品は、スキンケア全体を見渡してどんな成分をお肌に与えているかが大事なので、使っている化粧品を再確認するのもいいやり方です。

スキンケアに用いる化粧品一式を再確認し、美白効果の高い化粧品で統一することによって、一層メラニン色素の除去効果を高めることができるでしょう。

しみやくすみのない、より白い肌を自分のものにするためには、美白効果があるスキンケア用品を一式揃えてみるといいかもしれません。もしも、美白のためにスキンケアをしたいと思っているならば、美白成分を配合しているスキンケア用品を揃えてみるといいでしょう。
プロフィール
管理者:I love cosme・・・・

<< 2018年 08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集