正しいエイジングケア化粧品の選び方

2017年02月12日
エイジングケアのご興味のある皆さんへ

今回の記事では、正しいエイジングケア化粧品の選び方をご紹介します。

アラサー、アラフォーになるとでほうれい線、しわ、たるみ、しみなどのエイジングサイン。

こんな肌悩みに本当に良いエイジングケア化粧品ってどんなものでしょうか?

エイジングケア化粧品

ホンモノのエイジングケア化粧品なら



お肌のハリやツヤを維持し、健やかで美しい素肌のままでいるために、選びたいホンモノのエイジングケア化粧品。

誰もが、そんなエイジングケア化粧品を正しく選んで、正しく使いたいですね。

どれだけ高価で素晴らしいブランドのエイジングケア化粧品であっても、全ての女性にとって良いとものとは限りません。

でも質の高いエイジングケア化粧品は、存在します。

そこで効果が期待できるエイジングケア化粧品の条件を満たすエイジングケア化粧品を紹介します。

自分に合ったエイジングケア化粧品を選んで正しくエイジングケアを行えば、

@素肌が健やかでいられる。

A何歳からでもエイジングケア効果が期待できる。

Bエイジレスな肌を手に入れることも期待できる。

といったメリットがあります。

そんなエイジングケアのためには、お肌の老化の原因にしっかりアプローチしてくれるエイジングケア化粧品を選ぶことが大切です。

エイジングケア化粧品に興味がある女性

お肌の老化の大きな5つの原因



お肌の老化には、様々な原因が絡み合っていますが、中でも

1.紫外線による光老化

2.お肌の酸化

3.お肌の乾燥

4.真皮の機能低下(コラーゲンやエラスチン減少・線維芽細胞の衰え)

5.表皮の機能低下(セラミド減少・バリア機能の低下)


この5つのお肌の老化のいずれかまたは複数に対して、アプローチするエイジングケア化粧品成分を上手に選ぶことがポイントです。

5つの老化をサポートするエイジングケア成分って



この5つの老化の原因をサポートする成分があります。

それは、ナールスゲンと呼ばれるエイジングケア成分です。

京都大学と大阪市立大学の共同研究で生まれました。

ナールスゲンは、

・極めて小さな水溶性成分でお肌に浸透しやすい

・安全性についても問題が無いことが証明されている

成分です。

その特徴は、

・線維芽細胞を守り紫外線による光老化を抑えるはたらきがある

・抗酸化物質であるグルタチオンを増やし、お肌を酸化から守るはたらきがある

・お肌の水分量を維持するはたらきがある

・線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、 HSP47を増やす

・表皮の傷の治癒を助けるはたらきがありバリア機能維持を助けるはたらきがある

のです。

エイジングケア化粧品「ナールスピュア」

ナールスゲンは、エイジングケア化粧品成分が持つべき条件にピッタリ!

そして、そんなナールスゲンのエイジングケア化粧品のパイオニア的なブランドが、「ナールス」です。

ナールスブランドの通信販売公式ショップ「ナールスコム」では、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品でもっと早く世にでた「ナールスピュア」ほか6アイテムがあります。

今では、美容液、保湿クリーム、フェイスマスク、ハンドクリームなどもラインナップとして揃っています。

ナールスは質の高いエイジングケア化粧品の1つです。

エイジングケアを考える際にナールスゲン配合のエイジングケア化粧品を考えてみてはいかがでしょうか?

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:I love cosme・・・・

<< 2017年 02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
リンク集